川崎・横浜発!派遣型パーソナルトレーニングSpringCUE!

Jr・ゴールデンエイジ

Jr・ゴールデンエイジの子供たちに

最近子供達の運動能力低下が懸念されています。

昔とは違い、
思いっきり遊ぶ場所が無かったり
ゲームやTV、DVDの復旧など室内遊びの充実化により
体を動かす機会が減ってしまいました。

幼稚園~小・中学生の子供達のことを総称して『ゴールデンエイジ』と呼び
この時期こそが運動能力が一番伸びる、運動能力の基礎が出来る時期なんです。

幼稚園~小学校低学年―基本的な運動神経
ボールなどの感覚
運動やスポーツの楽しさ

小学校中学年~高学年―技術、ドリブルやフォーム
かけっこのはやさ
集団スポーツの連携

中学校       ―少し筋力を意識した動き
総合的な運動

その運動能力が伸びる時期に子供が外で遊べないなんて。
将来のトップアスリート、金メダリストを育てるためには
この時期の運動が重要になってきます。

団地での鬼ごっこやどろけい
放課後にやるサッカーやバスケット

そういう遊びや運動が高校、大学時期に
アスリートとの才能として開花します。

石川遼選手、浅田真央選手、リオネイル・メッシ選手など
世界で活躍するトップアスリート達の多くの選手達は幼少期から
プロのトレーナーと共にトレーニングしています。

こういう考え方はスポーツが進んでいるアメリカやEU諸国では
あたりまえの考え方なんです。

日本では学習塾に行かせるのが一般的ですよね。
運動も一緒でその時期にしっかり運動をすれば
センスにも磨きがかかっていくんです。
そんな時期に、プロのトレーナーを付けてみませんか?

【ゴールデンエイジ】とは?

訳すと黄金時代
小学校4年生~6年生の世代の子供達のことを指します。
大脳の変化・発達、動作・技術習得のピークが重なる特別な時期なんです。
一生に一度だけの神様から与えられたボーナスタイムみたいなものですね。

私達大人は見て考え頭の中で理解して身体に伝えますが
この時期の子供達は
見たまま感じたまま
身体全体の五感を駆使して技術を吸収していきます。

この時期のために小さい頃から
様々なスポーツや遊びを通じ準備をしていくことが大切です。

【プレゴールデンエイジ】
幼少期~小学校3年生くらい
神経の伝達が非常に活発で、
運動能力の基礎はこの時期に形成されます。

ひとつのスポーツに絞らずに様々な運動や遊びをすることが必要です。
運動が楽しい、身体を動かすのって気持ちいい
一番基本的で、一番大切なことを教えてあげる時期です。
興味を持ったこと、楽しいと思うことを飽きないように
工夫しながら育てていくことが重要です。

この時期の子供達にはなるべく専門的な
練習はしないほうが良いと言われています。

【ゴールデンエイジ】
~小学校6年生くらい

様々な物事を短時間で覚えてしまう「即座の習得」が出来る時期です。

様々なスポーツの基礎をこの時期に教え込めば
その子の将来に必ずや財産となるでしょう。
プロが行なうようなテクニックや戦術、状況判断も
取り入れながら運動させることが必要になってきます。

まだ筋肉や骨が出来上がっていないので
スピードを求めたり、力の強さを要求するような
ことは避けたほうがいいでしょう。

この後に骨が成長し筋肉が大きくなり徐々に大人になっていきます。
この年齢はあくまでも指標です。
子供達の成長はそれぞれなので幅として
だいたい2~3年くらいの振り幅があります。

子供達には無限の可能性があります。
将来のトップアスリートを育てましょう!
お問い合わせはコチラ!
料金表はコチラ!

お気軽にお問い合わせ下さい! TEL 050-3597-0220 メールは24h受け付けます!
お電話は09:00-21:00まででお願い致します。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加