お願いのコツ【押してみて下さい】

動画,WEB.広告.SNSの制作運用のSpring CUE!

お願いのコツ【押してみて下さい】

このページに来た方はとっても素直な人です。
信頼して押していただいてありがとうございます。

ビジネスでは素直さが大切なんて言われていますよね。
こちらを押していただいた方はきっと、ご自分に素直な方なんだと思います。

今回は押してみて下さいというようなお願いのコツについてお話ししたいと思います。

超具体的な内容+お願いが最強

皆さん人に物を頼む時ってお願いしますって言いますよね。
でも人によってはめんどくさいなとか
いやだなーって思われたりもします。
なっていったってお願いですから。

そんなお願いをスムーズかつ、気持ちよくやってもらえるのがこの方法です。

超具体的にお願いの内容を伝えるのが大切です。
相手に質問を返させてはいけません。
いいよー。
の返事が聞けるようにお願いを超具体的にするのです。

具体的な内容は3W1Hでお願いしましょう。

いつ (When)
どこで(Where)
なにを(What)
どのように(How)

今このページでボタンをクリックして頂けませんか?

こんな感じですね。
具体的にすればするほど相手の負担が減ります。
脳内で考える時間も短縮します。
詐欺でも使われてしまうテクニックですが、とっても有効なのでぜひ使ってみて下さい。

前置きの謝罪は逆効果

ごめんね、やっといてくれる?

ついつい使いがちな謝罪ですが、これ当事者なら言われたくない言葉ですよね。
なんで謝るの?謝るなら頼まないでよ。ってなるかもしれません。

これは実はお願いの効果を引き下げてるんです。

googleが提唱する【3Hコンテンツストラテジー】の1つHEROにも関わってきます。
そもそもHEROは多くの人々が持つ人間の普遍的な欲求を刺激するというコンテンツです。
お願いはその人の【人助けをしている】をしている時に感じる満足感を刺激します。頼られて悪い気がする人ってあまりいませんよね。

そんな頼られた喜びを謝罪が帳消しにしちゃいます。

どうしても謝るなら
他に頼れる人がいなかったんです。
のように頼っているんだよというのを強調しましょう。

加えられたら効果が上がるコツ

せっかくなのでもうちょっと深掘りしましょう。
お願いに加えるといいちょっとしたコツです。

それは好奇心などの欲求を煽ることです。
人は欲求に抗えません。特に好奇心。
メリットを提示したり、小悪魔的に終わったらいいことしてあげるなんてお願い方法もいいでしょう。
お願いを聞いたらこの先何があるのかな?って思わせたら勝ちです。

相手にいい気分になってもらう

お願いの極意は一言で言えばこれです。
様々な欲求を駆使して、ハッピーな気持ちになってもらう。
そんなお願いができるようになれば、その人はきっとこの先もあなたの味方でいてくれます。

お願いして、逆に好感度をあげる。
そんな人を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA